プライバシーポリシー
サイトマップ トップ
測量・登記
測量業務
登記業務
相続と測量
測量事例


  お役立ちリンク集
   ・ 東京法務局
   ・ 法務局管轄一覧
   ・ 乗り換え案内(駅探)
   ・ Googleマップ
   ・ 郵便番号検索
   ・ WeatherNews
   ・ 中野区役所


不動産のエイム
エイム社長の食いしん坊Blog
東中野タウン情報WEB支店
士業ねっと!税理士紹介







  HOME登記業務建物表示変更登記
分筆登記必要書類
分筆登記業務工程

建物表示変更登記とは
建物表示変更登記とは、すでに登記されている建物に変更が生じて、登記簿の表題部に記載されている事項と現況が一致しなくなった場合に、それを合致させるための登記です。 建物所有者は建物に変更が生じてから1ヶ月以内に申請する義務があります。
たとえば以下のような場合、変更登記が必要です。

   ■ 増築や一部取り壊しなどによって床面積に変動が生じた
   ■ 建物の主たる構成材料、屋根、階数などが変わった
   ■ 店舗として利用していた建物を住居として使うなどその利用状況が変わった
   ■ 分筆などによって建物の所在地番が変わった



こんな時に必要です!!
表題部の変更登記は、この後に続く 「権利の登記」 をするために必要となります。 権利の客体(目的)である建物がどのような建物なのか正確に表示できて初めて所有権や抵当権の設定などの登記が可能となります。 ですから、 金融機関から建物を担保として融資を受ける予定または場合、住宅ローンの借入や借換の際に、「登記簿と現況が一致してないので、変更登記をしてくだい」 と求められる場合があります。





建物の所在・地番の変更
必要書類
 □ 委任状

  お客様から弊社への登記業務についての委任状です。
 申請人が法人様の場合、資格証明書(会社謄本又は代表者
 事項証明書)もご準備ください。

 □ 建物図面
 土地家屋調査士が作成いたします。
※ 案件によりその他の書類をご準備いただく場合がございます。


建物の種類・構造・家屋番号の変更
必要書類
 □ 委任状

  お客様から弊社への登記業務についての委任状です。
 申請人が法人様の場合、資格証明書(会社謄本又は代表者
 事項証明書)もご準備ください。

※ 案件によりその他の書類をご準備いただく場合がございます。


建物の床面積の変更
必要書類
 □ 委任状

  お客様から弊社への登記業務についての委任状です。
 申請人が法人様の場合、資格証明書(会社謄本又は代表者
 事項証明書)もご準備ください。

 □ 建物図面
 土地家屋調査士が作成いたします。
 ■ 取壊証明書
 建物を一部取壊した事実を証明する書面です。
 ■ 工事完了引渡証明書
 増築や附属建物を新築した場合ご準備下さい。
 □ 資格証明書
  工事会社様の代表者事項証明書をご準備下さい。
 □ 印鑑証明書
  工事会社様の印鑑証明書をご準備下さい。
※ 案件によりその他の書類をご準備いただく場合がございます。



業務工程

概算費用お見積もり
登記手続き受託
法務局資料調査
現地建物調査
床面積計算(床面積変更の場合)
委任状へ署名・押印
申請書、建物図面、各階平面図の作成
建物登記の申請
登記完了証の受領
成果品のお引き渡し

 



copyright eime Co.,Ltd. All Right Reserved.