プライバシーポリシー
サイトマップ トップ
測量・登記
測量業務
登記業務
相続と測量
測量事例


  お役立ちリンク集
   ・ 東京法務局
   ・ 法務局管轄一覧
   ・ 乗り換え案内(駅探)
   ・ Googleマップ
   ・ 郵便番号検索
   ・ WeatherNews
   ・ 中野区役所


不動産のエイム
エイム社長の食いしん坊Blog
東中野タウン情報WEB支店
士業ねっと!税理士紹介







  HOME登記業務地目変更登記
分筆登記必要書類
分筆登記業務工程

地目変更登記とは
土地の利用状況が変更した場合に、登記簿地目を現況に合致させるための登記です。地目が変更になった場合、所有権の登記名義人は原則一ヶ月以内に地目変更登記をしなければなりません。
たとえば、地目が 「田」 などの土地を建物新築に伴い 「宅地」 に変更する場合などです。



地目の種類

地目は以下の23種類に区分されています。
田、畑、宅地、塩田、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野、墓地、境内地、 運河用地、水道用地、用悪水路、ため池、堤、井溝、保安林、公衆用道路、公園、雑種地、鉄道用地、学校用地


地目を定めるときの原則
一筆の中に異なる地目が存在することは許されません。この場合、地目を異にする境で分筆登記をしてからそれぞれの土地に地目付けすることになります。


地目変更の制限

1. 当該土地が保安林の指定を受けている場合、保安林指定の解除が必要です。(森林法)
2. 地目を墓地に変更する場合、または墓地の利用目的を変更する場合は都道府県庁の許可
  が必要となります。



「農地」 の地目変更
農地(田または畑)を宅地などの異地目に変更する登記の場合、農業委員会へ申請の上、「農地転用許可」 を添付します。ただし、当該書面が添付されていても実際に現地が宅地になっていなければ変更登記の却下事由となってしまいます。 不動産登記法は 「現況主義」 ですので、将来、実際に宅地として利用することが明らかになっている必要があります。 たとえば、宅地造成の場合であれば 「建物の基礎工事の完了」、「建築確認通知書」 などにより確認できます。




必要書類
 □ 委任状
 お客様から弊社への登記業務についての委任状です。
  (弊社にて作成いたします)
 □ 農地転用許可書
 地目が農地(田・畑)だった場合に必要です。
 □ 資格証明書(法人)
 申請人が法人様の場合必要となります。
※ 案件によりその他の書類をご準備いただく場合がございます。



業務工程

概算費用お見積もり
登記手続き受託
資料調査
現地調査
委任状へ署名・押印
地目変更登記申請
登記完了証の受領
成果品のお引き渡し
 



copyright eime Co.,Ltd. All Right Reserved.